第三者に対しての損害賠償について

自動車事故によって本人や家族以外の第三者にケガを負わせたり、死亡させたりした場合には、ケガの治療に必要な経費や精神的な損害分にあたる慰謝料などを賠償する責任が生じます。事故で相手の車両を壊したり、傷つけたりした場合についても同様です。
このような第三者に対しての損害賠償について補償するための保険が、対人賠償責任保険や対物賠償責任保険と呼ばれるもので、両者の違いはその損害が人身に対するものであるか、車両を含む物に対するものであるかによります。
特に、他人を死傷させた場合に法律上支払う必要がある賠償金額は、最近の裁判事例などをみるとかなりの高額にのぼる場合がありますので、自賠責保険で支払われる残りの部分が保険金として支払われる対人賠償責任保険は、任意の自動車保険のなかでもベーシックなものです。
また、自賠責保険は人身に対する損害のみが対象となっており、事故の相手の車両の損害などは対象外となっていますので、この部分の賠償に必要な額を埋め合わせるためには、対物賠償責任保険にもセットで加入しておく必要があります。
なお、これらの保険に加入する場合、事故を起こした際に支払われる保険金の最高額を保険金額としてあらかじめ設定しますが、高額の賠償金が必要な事故に備えて、保険金額を無制限として設定することもできます。

コメントは受け付けていません。