無保険車傷害保険が適用される条件について

相手方や任意の自動車保険に加入していない場合や、加入していても保険金が支払われないケースに相当する場合、または保険金が支払われても十分な賠償額に満たない場合には、被害者は納得できる損害賠償を受けられないまま泣き寝いりすることになりかねません。このような場合に自分が契約している対人賠償保険の同じ金額の範囲内(無制限の場合は上限2億円)で、損害賠償額の不足分の補てんをしてもらえる保険を無保険車傷害保険といいます。
この保険はいわゆる無保険車との事故に備えるもので、もし事故が起きた場合は運転者や搭乗者に保険金が支払われます。ただし適用されるケースが限定されており、被害者が死亡したり後遺障害を負ってしまった場合にしか保険金は支払われません。したがって完治の見込みがあるケガを負った場合は保険金支払いの対象にならないほか、入院などによる休業補償もなく、車そのものの損害についてもこの保険の対象とはなりません。
このように無保険車との事故に備える保険は万が一の備えとして有効ですが、全てのケースをカバーできるわけではありません。ですから運転者本人や同乗者の完璧な補償を考えるのであれば、この保険とともに搭乗者傷害保険や人身傷害保険など、その他の保険にも加入しておく必要があります。

コメントは受け付けていません。