対物賠償保険の詳細解説

対物賠償保険とは、自動車事故により損害を与えたモノに対する賠償を行う保険です。
例えば、相手の自動車、家屋、・ガードレール、電柱、ペットなどです。ただし第三者の所有物に対しての賠償ですので、自身や家族の所有物に対しては賠償できません。つまり、運転操作を誤って自宅の壁を破壊した場合は補償できませんが、これが他人のお宅の壁なら補償することができるということですね。
さて、掛け金についてですが、対物賠償と並び人に対して賠償を行う対人賠償は無制限でかけておくのが一般的ですが、対物賠償は1,000万円程度に設定しておけばいいとよく言われます。しかし、できれば対物賠償も無制限出かけておいた方が安心でしょう。
というのも、間接賠償の可能性も考えたら1,000万円では済まないケースもあるためです。
例えば、商業トラックと事故を起こした時には、車両自体への修理のみならず積み荷に対する損害も賠償する必要があります。また、店舗に自動車で突っ込んだ場合は店舗の修理代に加えて、商品に対する損害賠償及び営業停止期間中の損害賠償も行わなくてはなりません。
こういった事故を予測すると、やはり無制限でかけておくのが一番安心でしょう。

コメントは受け付けていません。