対人賠償保険について

対人賠償保険は、被保険者が保険契約車両の所有、使用、管理に起因して法律上の損害賠償責任を負わされることにより被った損害に対して保険金を支払うものです。ただし、自賠責保険を上回る額しか支払うことが出来ません。自賠責保険が付いていない場合でも、自賠責保険で支払われた部分については支払うことが出来ません。故にこの部分は加害者が自己負担をしなければなりません。被害者からは、自賠責部分については政府の保障事業に請求することが出来ますが、保障事業で支払った分については国から加害者に求償されるため、加害者が負担することには変わりはありません。この保険における被保険者は、保険を契約する際に車の所有者や最も車を使用する者といった中から一人定める記名被保険者、記名被保険者の配偶者、記名被保険者もしくはその配偶者の同居の親族、別居の未婚の子、モータービジネス業者以外で記名被保険者の承諾を得て契約車両を運転中の者、記名被保険者や配偶者、同居の親族や別居の未婚の子の使用者となります。この被保険者の条件に該当する者以外の人物は被保険者になりません。具体的には無断で車を運転したもの、車両泥棒が運転中の事故は支払い対象外になります。

 

コメントは受け付けていません。