人身傷害補償保険の特徴について

人身傷害補償保険は、契約している車に乗っている本人や家族、その他の搭乗者について、自動車事故でケガをしたり、または死亡した場合に、契約時点での保険金額の範囲内で、実際の損害額を補償する保険です。
契約している車を保険用語では被保険自動車と呼びますが、この被保険自動車に搭乗中の人であれば、すべての人が補償の対象になります。
この保険は、契約者本人や家族であれば、被保険自動車に乗っていないときでも補償の対象になり、それは歩行中の事故であったり、被保険自動車以外の他人の所有している車に同乗または運転しているときでも同様ですので、類似の保険である搭乗者傷害補償保険よりも、さらに補償の範囲が広いといえます。
また、実損払いが原則であるため、事故を起こした人の過失割合にかかわらず、けがの治療費や後遺障害の場合の介護料などを含めた損害額すべてが補償され、これは運転中の車が電柱にぶつかってケガをするような単独事故についても適用されます。
さらに、通常の保険では事故の相手との示談の成立を待って保険金が支払われるところですが、この保険では示談にかかわらず保険金が支払われるのも特徴のひとつで、相手にいくらかの過失割合がある場合には、後日保険会社のほうから相手に対して請求がなされます。

コメントは受け付けていません。