自損事故保険とは

自動車の人身事故に関しては、すべての自動車が強制的に自賠責保険に加入しているはずですし、万が一無保険車であったとしても、更にそれを補う政府保障事業制度があり、基本的に安心なのですが、実はそうとばかりもいえないのです。何故なら加害者が被害者に対して損害賠償するための保険に過ぎないからです。例えば単独事故が起こったときに運転者や同乗車の死傷には使えないのです。ただし同乗者が家族ではない他人の場合には使えます。また一般的な事故でも静止している自動車に追突事故を起こした場合など、一方的に運転者が悪い場合、相手の保険からは賠償がありません。もちろん自分の自賠責保険も出ません。こういうケースに対応する保険が必要なのです。それが任意保険の中にセットされる自損事故保険です。これは言わば対物保険に対する車両保険のようなもので、自分が悪くても保障される保険です。任意保険には通常必ず含まれている保険で特別に外さなければ申し込まなくても必ず加入している保険です。実際の事故は必ず過失割合があり、100%保障されることはありません。その為にも自分の過失を補ってくれるこの保険が非常に重要になってくるわけです。あまり注目されませんが加入条件を確認しておくのがいいでしょう。

コメントは受け付けていません。